2009年03月13日

やむ事 と なやむ事と










人は
生きていれば
病む事は当たり前







人は
生きていれば
悩む事も当たり前





人はなぜ
身体が病むのか?

人はなぜ
いちいち悩むのか?












生きて行く為なのだろう。










病んだら
どうしたら良くなるかを考えて欲しい



悩んだら
どうしたら楽になるかを考えて欲しい




今以上に
良くなる為に
病むのであり



今以上に
楽になる為に
悩むのである





今以上に
悪くなる為に
病んでいるのでは



今以上に
辛くなる為に
悩んでいるのでは



病む意味がない


悩む意味がない




病む事

悩む事


これは
今以上に快適に
生きて行く為に必要な事である



生きたいと思うから
病むのである


生きたいと思うから
悩むのである



今の自分に
足りない所、多すぎる所

今の自分が
変えなくてはならない事



あるから


病み、悩むのである








放っておくと

生きたくなくなってくる



生と死が

病む事

悩む悩む事



逆転する瞬間である



人はまず
生きようとする事で
病み、悩むものである







逆転させる所まで
持って行くかいかないかは
人それぞれである











病む仕組み

悩む仕組み





知っているか
知らないかと言う事
なんではないかと思うのである









posted by Ryuhadoo at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。