2011年05月09日

根拠のない二つの世界












ボクらは

根拠のない自信

根拠のない不安

持っていて




なぜか




根拠のない不安を選びがち







自信の扉

開けて進むには


根拠を求め
納得しないと進めない


なのに



不安の扉

根拠もないのに


いとも簡単にこじ開け進んでく






そもそも


根拠って何なんだ?


不変的なものではない筈なのに




根拠と言う物自体


人の偏った経験や偏見から織りなす

そんなちっぽけなものなんじゃないのかなって?




だから

みんな根拠を求めない不安に行っちゃうのかな?




だったら







根拠のない自信の扉を開けて進んで行こう


不安な世界に身を投じて生きるより


自信の世界に身を投じて行きて行きたい



きっとボクは

人一倍恐がりだから


不安な世界ではきっとすぐねを上げてしまうだろう



だからボクは

根拠のない自信の道を歩いてく



不安の世界か?

自信の世界か?


どちらにしか進めないのだから


根拠があろうがなかろうが


そもそも
不安の住人になる所から始めるなんて


まっぴら
ボクは願い下げ



根拠がなくても

心はきっと知っている

きっとどちらの世界も知っている


でも

覗ける道は一つだけ



ボクは


根拠のない自信の扉を開けて

進んでみるさ


ボクの心は知っている


それを一つずつ見つける事に


生きてる時間を使ってみるよ



じゃぁ





一足先に行ってるからさ



その気になったら


扉の向こうで待ってるからさ



その時は

根拠のない自信の世界で


一緒に仲良く遊ぼうぜっ!!






posted by Ryuhadoo at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。