2016年05月31日

自律神経的流れと運動神経的流れ

2016年5月31日火曜日




ちょっとした繋がりを


見過ごさずに連鎖させるべし



そこに自分本来の流れが必ずある



そして流れというものは2種類あるものである




それは


人の体の仕組みと似ていまして



人でいうところの



運動神経と自律神経であります





運動神経は


自分の意思で動かせる神経を言い



自律神経は


無意識下で勝手に働いている神経を言います。




流れというものも



自分の意識下で作れる流れと




無意識下で作られている流れがある




より自分本来の力を発揮するには




この無意識下で進んでいる自律神経的流れを




どれだけ上手く感じ取る事が出来るかがポイントとなっていく




その流れに上手く乗った上で




運動神経的流れを作っていく




この順番が人生を上手く進めていくコツである






そのためには


ちょっとした繋がりを見過ごさずに


その繋がりの連鎖をしっかりと感じ取って


ポンっと流れに乗ってやること


これが大切なのであります。









posted by Ryuhadoo at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功、波動、心、体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。