2008年04月03日

どんな時でも、、、

0062.jpg

人間は皆一人になる事を怖がる。


      生まれて来る時も


      死ぬ時も一人なのに、、、


           夢を見てる時も


           どんなに仲のいい友達といたって


                 頭の中は一人きり。





            でも


      自分の両親が一緒に居なければ


         今ここに僕は居ない。





         


           人間は皆


            寂しいと


             目から


              水を流す。





      人間は皆


       悲しいと


        目から


         水を流す。





                 何故


                悲しいと


                寂しいと


            目から水が出るのだろう。








     人間は皆の


         心が


         バラバラだから


           寂しいんだ。  


            悲しむんだ。





         でも


         みんなの心が


           同化してしまったら


              一人一人の心が


                 無くなってしまう。








   悲しかったり


     寂しかったりするから


            人の悲しさや


               人の悲しさが


            解ることが出来るのかな?








         悲しかったり


       寂しかったりするから


      人に優しくなれるのかな?





           人間は


         生まれて


        来る時も


        死ぬ時も


       夢見てる時も


       一人きりだから


          出来る限り


     人と一緒に居たいのかな?








        せめて一緒に居るのなら








           楽しんで一緒に居たいよな。


posted by Ryuhadoo at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。